看板制作についてのあれこれを紹介サイト【心惹かれる看板を考える】

心惹かれる看板を考える

看板の取り付けにおける注意点について

屋外に看板を取り付ける際には、各種法律や地方自治体で定める条例に従う必要があります。
建物の外壁や屋上などに設置する場合で、一定の高さを超える場合は、構造検討を十分に行って、行政に確認してもらった後でなければ設置することが出来ません。
最近は屋外の看板が落下して第三者に危害を与えてしまう事例がありますので、固定方法だけでなく適切に維持管理することも大変重要です。
特に屋外に設置する場合は、雨風による固定部の腐食などが発生しやすいため、定期的に点検することが必要です。
また、景観を重視している地域では、広告物の内容やデザイン、色の選定において制限されることもありますので、行政との交渉をして許可を得る必要があります。
各自治体の条例によっては、屋外広告物を設置する際に届け出を提出することが義務付けられる場合もあり、定期点検までも義務付け、広告料を徴収する自治体も存在しています。
看板を設置する際には様々な検討事項をクリアしながら進めなければなりません。

看板の落下が相次ぎ、取り付けの点検をする会社が増えました

看板が強風にあおられて、金具が落下する事故が相次ぎました。
元々、人通りの多いところに取り付けられていることが多く、落下によって通路を歩いていた人に当たり、大けがになるケースが多いものです。
高層にある金具は、小さなボルト一本でも落下の速度で重力がつくため凶器になります。
大都市などでは、看板の設置は条例によって点検が義務付けられています。
ところが、実際には毎回橋桁を組み立てるか、設置用の什器を用意して高層まで上り、接続部分などをハンマーで点検をするといったことはしておりません。
地上から目測で調べて、問題なしと役所に提出しているものです。
事故はこのような油断でから突然起こります。
近年はビルなどの表示は、直接取り付けているビルが多いのですが、古いビルほど、看板は別に取り付けられている傾向があります。
事故が起きた後に、町を歩くと今まで見上げたところにあったものが取り外されて、点検をしている会社が増えました。

注目サイト

京都の全身脱毛サロン比較

Last update:2018/6/6

『看板 取り付け』 最新ツイート


Fatal error: Class 'Abraham\TwitterOAuth\Config' not found in /home/c4tavzl2/buyceapcialisjh.com/twitteroauth/src/TwitterOAuth.php on line 17